09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

プレイバック高校生活シリーズ その4 【プロレスごっこ】 

さて、このシリーズ、ついに4回目に突入しました。
今まで、お読みになってらっしゃらない皆様、こちらをご覧ください。

1回目 うさぎ飛び地獄
2回目 寮生活の朝(起床から乾布摩擦、そして・・・)
3回目 貧しい食事

さあ、4回目は何を書こうかな??

よし、では満を持してプロレスネタでも書くことにします。

男子校の寮生活、とにかく体力が有り余って仕方がありません。
休み時間に廊下でプロレスごっこをするのはしょっちゅうで、テレビで新しい技を見たりすると、すぐかけたくなってしまう。私はよくコブラツイストをやってました。

当時のプロレス界は、馬場さんの全日本プロレスと猪木さんの新日本プロレスの2つしかなく(そのちょっと前に国際プロレスなるものがありましたが、倒産)、我が寮では、ストロング・スタイルの新日本プロレスを好む傾向にあり、毎週新日本の番組が始まるときには、大興奮で眺めておりました。いまやニュースステーションのキャスターをされている古館一郎さんが実況中継をしていた時代です。

さて、そんなプロレス熱が高じてくると、休み時間の廊下や寮の狭い部屋でのプロレスごっこだけではつまらなくなり、我々はついに柔道場に進出しました。

土日に柔道場を使う輩は誰もおらず、そして柔道場でのプロレスごっこがはじまりました。

やるんなら、本格的にやろうということで、みんなでチャンピオンベルトを作り、ヘビー級とジュニアヘビー級のタイトルまでつくり、寮でみんなに声がけをして、興行をすることに。。。。いやあ、今考えたら、アホやなあ(笑)

一番面白かったのが、「やっぱマスクマンばつくらないかんばい」ということで、急遽マスクを作ることに。
それも、スーパーの袋にマジックで、当時タイガーマスク引退後のマスクマン「ザ・コブラ」を作ったのだった。

私も、よく覚えていないが、ジュニアヘビーの試合に出て、
バックドロップを喰らって、アタマを打って、さらに自分の膝が顔面に突き刺さり、敗北。

柔道場の畳は意外と硬いので、投げ技はきちんと受け身を取れないと、危ないです。。。。
しかし、楽しかったんだよねえ。

そんな私の当時の得意技は、インディアン・デスロックと、体重の軽いヤツのキー・ロックをかけられたまま、持ち上げる、そして、アタマに優しいブレーンバスターと、腰に優しいボディスラム。決め技はせこく逆さ押さえ込み。

さて、プロレスをご存じない読者の方にはわけわからんでしょうが、プロレスごっこという遊びは究極の遊びでしたなあ。だって、私たちがやっていたことは、興行のポスターをつくる、タイトルをつくる、マッチメークをする、ストーリーをつくるなどなどプロレス団体ごっこのレベルでやってましたんでねえ。

さて、このプロレスごっこ、何の役に立ったかって?

なーーーーんも、役にたたんやったばい(笑)


あっ、そうそう、当時の私の大好きなプロレスラーは、炎のドラゴン、藤波辰巳選手でした。。。。。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

プレイバック高校生活 その3 【貧しい食事】 

さて、勝手にシリーズ化している、世にも恐ろしい学園生活(でも意外と面白かったりする)を振り返るブログ記事ですが、今回は、食事について。

食えーーーー
ご飯を食べる時間はきちんと決まっています。朝食も、もちろんそうですが、とにかく睡眠欲が旺盛な高校生は、朝の体操・点呼(前回の記事をご覧ください)が終わったら、とにかくギリギリまで寝ることが多かったです(私は特にそう)。そうすると、朝食をとる時間が少なくなり、追い立てられるように食べなくてはいけません。

寮では登校終了時刻が決まっており、その時刻までには寮を出ていないと、また体罰が待っております(この場合、短時間で終わるスペシャル腕立て伏せが多い)。そしてその登校終了時刻が近付いてくると、また寮監の太い声で、「登校終了10分前!」「登校終了5分前!」「登校終了1分前!」と声がだんだん大きくなってきます。

そして、登校終了5分前くらいで、まだ食べていると、寮監がつかつかと食堂に入ってきて、「おらー、食えーーーーー」と絶叫してきます。私、焦る焦る。とにかくご飯を胃袋の中に突っ込み、ダッシュで学校へ向かうという日々でした。この時の経験により、私はいまとても早食いです(泣)

しょうゆかけご飯=卵かけご飯
とにかく食欲旺盛だった私たち寮生は朝から何杯もご飯を食べていました。朝食といえば卵!でも卵が食卓に毎日出てくるわけではありません。でも卵かけご飯が食べたい!そのとき、ある友人が気付きました。

しょうゆばかけただけで、卵ご飯の味のするばい
「そがんこつはなかやろもん」
「いや、こいは卵ご飯の味といっしょばい」
「うわっ、ほんなごつやん」

さすがに今ではしませんが、大学生の頃は、まだこのしょうゆかけご飯よく食べていました。
まあ、皆さん、試されることはないかと思いますが、いやあ貧しかったですなあ(笑)

ししゃも=ご馳走
これも朝食の話ですが、ししゃもが出る日は、ハレの日くらいの勢いでした(笑)。通常はめざし(ってこっちでは違う言い方するんでしたっけ?)だったので、ししゃもが出た日は嬉しかったなあ。。。

月に一度の特別食
そんな貧しい私たちも、月に一度は美味しい食事にありつけました。慣れないフォークやナイフが出てくるだけで、もうよだれが。。。。そして、時々いる、フトドキものが、二度食いをしようとして、食堂のおっちゃん、おばちゃんに見つかるという悲劇もございました。

ラーメンポット
とにかくお腹が減る高校生。夜の休み時間(また別の機会にお話ししますが、寮生は平日は夕方6時から11時30分までは自習時間で、休み時間は夜9時過ぎの20分だけ)に、よくラーメンを食べていました。そのとき重宝したのがラーメンポット。誰かが持っていたのか、よくみんなで交代で使ってラーメン食べてたなあ。しかし、その時以来、ラーメンポットなる商品は見たことがありませんが、、、、

ま、他にも食事ネタだけで、色々ありそうですが、今日はこのあたりで。。。
次回をお楽しみにー。っていうか、なんか自分が楽しくなってきた。どうやら自虐ネタっぽくて(笑)

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。