07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

自分ブランドの教科書 

自分ブランドの教科書自分ブランドの教科書
(2007/12/14)
藤巻 幸夫

商品詳細を見る


フジマキさん(弟)のこれまたアツイ本
これまで読んだブランディングの本にはない、”熱”があって、元気になる本だ
僕も一流を目指して頑張らねば!

自分の歴史、哲学を持ち、自分の歩みが物語になる、という表現にはグッときた
そろそろ自分の物語を持つ年齢だしなあ。。そう、不惑も超えたし。

無我夢中にのめりこめばのめりこむほど、それがいずれ、あなたがゆるぎない強みとなりブランドを形作る武器となる

武器を持つというのは、自他ともに認める得意分野を作ること。その分野の責任を負えるだけの力をつけることだ。
自分ブランドの目指す方向性と、会社ブランドの目指す方向性が合致しているかどうかは、しかと見据えるべき

武器を鍛えると、あなたの中には胸を張れる「歴史」が刻まれる。信念を持つと、あなたの中には自分なりの「哲学」が芽生える。武器と信念を併せ持った時、あなたの歩みは「物語」を奏でるようになる。

渇望しない人は、何年経とうが新たな世界にたどりつけやしない。一流や本物にみずから「近づきたい!」という熱を失うことなかれ。
日々の暮らしの中で、あなたの心がはねた時、その感情を周りの人々にもあふれるほど伝えていくのだ
身につけるものや持ち歩くものの中に、あなたらしさを印象付けることのできるトレードマークを作っていこう

感じて動くことを繰り返せば、あなたのあくなき好奇心と情熱とかおのずと周りの人の心に焼き付いていく
仲間が強みを発揮したときや、あなたの苦手な部分をカバーしてくれたときに、全身全霊をかけて、褒めること、感謝することだ


一流や本物にみずから「近づきたい!」という熱を失うことなかれ


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[edit]

ブランド人になれ! トム・ピータースのサラリーマン大逆襲作戦(1) 

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))
(2000/03)
トム ピーターズ

商品詳細を見る


自分をブランド化するための指南書だ。
ま、ブランド化というより、無駄な事はするな!、価値のあることをしろ!
というような叱咤激励が満載の書です

自分の人生を「あいつら」から取り戻せ!

よーし、明日からそうするぞー、というような言葉がちらほら

雑用を追い払おう!毎日! 時間ほど大切なものはない
ちっぽけな仕事はでっかいチャンスだと思え!
「これは本当にすごいことか?」そうでなければやめよう

くだらない電子メールに返事をかくのはやめる
・・・・よっしゃ、やめる!
出席する会議を三分の一減らす・・・・うーん、そうしたいそうしたいそうしたい!
「禁欲デー」をつくる・・・えーーーー、それはちょっと

お客さんに尽くす。尽くす気持ちがなければブランド人にはなれない。
自分は人とどこが違うのか?その違うところにどういう価値があるのか?


名刺ホルダーを月一回見直す
全てのランチ(週に一回は)名刺ホルダー拡充の機会


今後三カ月以内に、けったいな会合に足を運んでみよう
自分をブランドにしたインターネット戦略


ビジネス誌などを読んでいて、挑発的な記事を見つけ、何か刺激されるところがあったら、その著者に電子メールを送ろう。返事が来る確率はかなり高い。



「禁欲デー」
を実践する!


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

[edit]

パーソナルブランディング 

パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出すパーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す
(2005/06/01)
ピーター・モントヤティム・ヴァンディー

商品詳細を見る


自分ブランド”を作れ! とよく言われるが、そんなもん自然に身に付けるしかないだろうし、性格はどうせ変わんないし、と斜に構えていたが、ブランドは努力して身につけられそうだなとこの書を読んで思った。

後に紹介するフジマキ(弟)さんの、「自分ブランドの教科書」の方が分かりやすい(かつ薄い)が、こちらはかなり実践的である。

僕ももういっぱしの大人(おっさん)。ブランドを磨くか!
ファッションブランドには全く疎いし、興味もないが。。。。。

パーソナルブランドとは何か
あなたは誰なのか?あなたは何をしているのか?あなたが他人と違うところ、あるいはターゲットとするマーケットに対してどんな勝ちを提供するのか? の3つが重要
パーソナルブランドは影響力が全てである。①差別化②優位性③信憑性をマーケットの人々に思い起こさせる
パーソナルブランドはビジネスに大きな効果をもたらす―収入増加、コンスタントなビジネスの流れをつかめる、有益な人々をひきつける、「真っ先に思い浮かぶ」ポジションを獲得、信頼性が増大、リーダーシップの役目が与えられる、プレステージが強化、認知された価値が付加、知名度が拡大
販売とは説得、マーケティングとは生みだすこと、ブランディングは影響力
ブランドの三つの力の源:①感情的なインパクト②一貫性③時間。認知度が能力より重要。
あなたの仕事そのものを五秒以内で伝えられるようなセリフを作り上げる
あなたより認知度が高い競争相手、戦術をリストアップ

あなたのブランドは何か?
直観は事実より力を持つ、差別化がすべて、的を射たブランドになる、能力よりも人間関係が大切、有益なアドバイスは信頼を生む
個人的な要素をパーソナルブランドに取り入れる―個人的な話を書きあげる(面白い話)、忘れかけている過去の話を聞き出す、過去の一面で得意先や見込客との関連性を考える

ブランディング戦略
強力なポジションに向けた戦略―一貫性、可能であれば何か目新しいことを選択、自分のポジションをスローガンに含めよ、自分のポジションを語る、さまざまな手段を通じて自分のポジションを強調する、侵入者から自分のポジションを守る
ツールとしての8つのチャネル―①得意先からの紹介②プロフェッショナルからの紹介③DM④ネットワーキング⑤セミナー⑥PR⑦ウォームコール⑧ウェブサイト

パーソナルブランドのための最強ツールパーソナルパンフレット、パーソナルロゴ、パーソナルポストカード
適切なPRの効果:パーソナルブランドの強化、認知度の拡大、マーケティング資産、仕事上の関係で箔がつく
ネットワークにレバレッジをかける:迅速なフォローアップ、連絡を取り続ける、自分の信頼を築くようなことはすべて知らせる、コミュニティーを築く、等身大であれ


この本の帯にはこんな事が書いてある

より少ない労力優良顧客を手に入れ、ライバルに打ち勝ち莫大な収入をもたらす秘訣とは?


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。