09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

運のいい人、悪い人 運を鍛える四つの法則 

運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則
(2004/02)
リチャード ワイズマン

商品詳細を見る


世の中には運がいい人がいますよね。
極端な例だと、宝くじが当たったり、懸賞のハガキがなぜか当選したり、小さなことでも、いっつも混んでいる電車なのになぜか座れたり、スーパーの駐車場で入口に近い場所がなぜか空いていたりと。

一方で運の悪い人もいますよね。
電車がいつも遅れたり、乗ったタクシーの運転手さんが道を知らなかったり、高い買い物をした後にすぐにバーゲンセールで半額になってしまったり、まあ、色々思いつくとありますよね。

これ、実はどちらも私の話です。
あっ、宝クジは当たってないや(泣)懸賞もまあ一回くらいですがね。

さて、この本のサブタイトルは”運を鍛える四つの法則”とあります。
さあ、運のいい人も悪い人も、この本で更に運を鍛えましょう!!

それでは、まず次の質問に、当てはまる、当てはまらないで5点から1点のスコアをつけてください。

1.レジや銀行の列に並んでいて、知らない人に話しかけるときがある
2.人生についてあまり不安を感じない
3.初めての料理や飲み物に挑戦するなど、新しい経験が好きだ
4.直感や本能を信じることが多い
5.瞑想や静かな場所に行くなど、直感を高める方法を試したことがある
6.自分には将来いいことが起こると、ほぼいつも期待している
7.成功する可能性が小さくても、手に入れたいものを求めて挑戦する
8.誰かに会うと、たいてい親切な「いい人」だと思う
9.自分に起こったことは何でも、いいほうに考えようとする
10.悪い出来事も、長い目で見ればプラスになると信じている
11.自分にとってうまくいかなかったことも、あまりくよくよ考えない
12.自分の失敗から学ぼうとする



さて、この本の著者は「運のいい人」「運の悪い人」数百人を調査して、その人生には次のような違いがあると結論付けています。ちなみに著者は元マジシャンで、その後心理学者になったという博士。いやいや凄い経歴ですね。さて、その違いとは:

運のいい人は、いつも偶然のチャンスに巡り合う。自分の人生にとって大きなプラスになる人と偶然、会ったり、新聞や雑誌を読んでいて、たまたま面白そうな記事に気付いたりするのだ。一方、運の悪い人はそのような経験がめったになく、自分の人生にとってマイナスにしかならない人と出会ってしまう。

運のいい人は自分でも理由がわからないまま、正しい選択をしているものだ。仕事上の決断をするべきタイミングや、信じてはいけない相手がわかっているようにさえ見える。運の悪い人の選択は、失敗に終わってどん底に突き落とされることになりがちだ。

運のいい人の夢や目標は、不思議なくらい実現する。これもまた、運の悪い人の場合は正反対だ。彼らの夢や目標は、はかない空想とほとんど変わらない。

運のいい人には、不運を幸運に変える力がある。運の悪い人にはその力がなく、不運は混乱と破滅をもたらすだけだ。



さて、これを読んだ、「自分は運の悪い人だー、ダメだー」と思った方、以下の法則を覚えましょう!

法則1 チャンスを最大限に広げる
・運のいい人は、「運のネットワーク」を築き、それを広げている
・運のいい人は、肩の力を抜いて生きている
・運のいい人は、新しい経験を喜んで受け入れる

法則2 虫の知らせを聞き逃さない
・運のいい人は、直感と本能に耳を傾ける
・運のいい人は、直感を高める方法を知っている

法則3 幸運を期待する
・運のいい人は、幸運が将来も続くだろうと期待している
・運のいい人は、たとえ可能性がわずかでも目標を達成するために努力して、失敗してもあきらめない
・運のいい人は、対人関係がうまくいくと思っている

法則4 不運を幸運に変える
・運のいい人は、不運のプラス面を見ている
・運のいい人は、不運な出来事も、長い目で見れば最高の結果になると信じている
・運のいい人は、不運にこだわらない
・運のいい人は、積極的に行動して将来の不運を避ける



ざっくり言うと、ポジティブ思考かな。。。
法則2だけが、ちょっと違うようですね。

何かを決めなくてはいけない時、”洞穴の老人”を訪ねてゆくことを想像し、選択肢についてどうい感じているのか、それが正しくてそれが間違っているのかを頭に浮かんだままに話すのだ。さて、客観的には正しいが、直感的に不安を感じてしまった場合、いったん立ち止まった方がいいようです。

そして、この直感を高めるためには、”瞑想”だそうです。

私はこの本を読んでから、ちょっとしたことでも出来るだけポジティブに考えるようにしています。
が、テニスの時だけは「あっ、何かダブルフォルトしそう」「あっ、バックサイドにサーブ来たら、レシーブミスしそう」とか思ってしまい、やっちゃいます(泣)

最近、あった運のいい出来事は、朝の超満員の通勤電車で二日酔いの時に、たまたま次の駅で前に座った人が降りて、座れたのだ。おかげで約1時間ゆっくり休めた!そんな予感してたんだよなあ。後付けでも何でもいいんですよ。

最初のテストのスコアも運がいい人は高いはず。
このスコアを私も伸ばしたいと思っています。

思っちゃいましょう。

「私は運がいい、運がいい、きっといい、絶対いいーーーーー!」



ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。