04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

中学入試に出そうな少年少女文学を読むぞー 

息子の通う塾では、ときおり、「今年の入試に出た物語」みたいなプリントが配られます。
それを一番熱心に読んでいるのは私。そして、「息子のためだし、こういう本も読まないとねー」とか何とか言いながら、自分が一番楽しんでおります。

娘のときは、女の子だったからなのか、塾で出た物語文を「ぜんぶ、読みたーい」と言って、よく買ってあげてたのですが、息子は今まで全然そういうことを言ったことがありません。欲しがる本は、冒険、昆虫、恐竜、宇宙みたいなものばかり。同じ小学五年生だったときの娘と息子の精神年齢の違いに結構びっくりです。

そういう精神年齢ですから、物語文の読み取りはあんまりできません。

物語文のポイントは「心情表現」。傍線部で・・・・とありますが、さて主人公はどんな気持ちだったのでしょうか?なんて問題が出ます。○○くんは悲しくて泣きそうでした、なんて書いてあれば超簡単なのですが、さすがに中学受験レベルとなると、このあたりの心情表現がストレートには書いてくれません。

A⇒B⇒Cと因果関係があるところを、物語文は途中のBをすっ飛ばして書いたり、比喩や、情景描写(例:空が晴れ渡っていると、明るい気持ち)などで表現されていることが多いです。

すると、息子はトンチンカンな解答をしてしまうのです。
なんで、その選択枝を選ぶかーー?!というのを選んだりします。

そこで見かねた私、読書大好きお父さんが物語文に慣れさせるために、いくつか本を買ってきました。
これまた中学受験に出る物語文のパターンとしては、主人公が小学生や中学生で、何かの出来事をきっかけに、大人になっていくストーリーが主流です。

私が買ってきた本は以下のとおり:

ダリアの笑顔:お父さん、お母さん、お姉ちゃん、弟くんの4人の視点で家族が描かれていて、家族誰が読んでもストライクな本です。

ダリアの笑顔ダリアの笑顔
(2010/07/17)
椰月 美智子

商品詳細を見る


小学五年生:重松さんの少年少女文学の真骨頂。これはひところ、よく受験に出たようです。

小学五年生小学五年生
(2007/03)
重松 清

商品詳細を見る



今ここにいる僕らは:小さな冒険を繰り返す少年の小学一年生から六年生までを綴った物語。田舎の風景と匂いがしみこんでくるような、懐かしさの感じられる物語です。

今ここにいるぼくらは (集英社文庫)今ここにいるぼくらは (集英社文庫)
(2009/05/20)
川端 裕人

商品詳細を見る


夏を拾いに:スタンドバイミーの日本版。夏の少年のささやかな冒険です。

夏を拾いに (双葉文庫)夏を拾いに (双葉文庫)
(2010/05/13)
森 浩美

商品詳細を見る


しずかな日々:両親の離婚の危機(ということは書かれてはいないが、多分そういうこと)に、祖父に預けられら少年とその友人の日々。祖父との距離がどんどん縮まってゆくさまと少年の成長がゆっくりと伝わってきます。

しずかな日々 (講談社文庫)しずかな日々 (講談社文庫)
(2010/06/15)
椰月 美智子

商品詳細を見る


西の魔女が死んだ:これは女の子向けで、娘はとっくの昔に読んでいたようですが、登校拒否になった娘とイギリス人のおばあちゃんとの交流を描いた話。上のしずかな日々の女子版かな。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


トンネルのおじさん「未見坂」収録:これは小学生にはレベルが高すぎる小説。家庭の事情を抱え込んだ子供の視点からの物語。小学生が読むにはちと辛いかな。。。

未見坂未見坂
(2008/10)
堀江 敏幸

商品詳細を見る


以上、速読おやじの中学受験国語講座でした。
って、なーーーんも解説しとらんけど。。。。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。