FC2ブログ
09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

英語は「音読」だけでいい【古森剛(著)】 

英語は「音読」だけでいい!英語は「音読」だけでいい!
(2011/01/24)
古森剛

商品詳細を見る


英語、それは永遠のテーマ
ずっと学習し続けているのに、「ペラペーラ」にならない。
海外出張に何度も行って、半年も研修でアメリカに滞在したことがあるのに、聴き取れない、読めない、書けない。

イヤになっちゃいます。。。

そこで、ときどき、こうした英語本を買って、なんか画期的な英語勉強法はないのかと調べてみるのです。
著者の古森さんには、一度わが社に来ていただき、人材マネジメントのご講義をして頂いたことがあります。その際にも、ちらっとだけ英語の話をされていました。その際にも仰っていて、この本にも書かれていることがあります。

英語には4つの目的レベルがあるので、まずはどこをゴールにするか決めた方がいい。
そのレベルとは:

①生活英語-ひとりで生活する(語彙2000語)
②お友達英語-人と仲良くなる(語彙3000語)
③ビジネス英語-仕事で認められる(語彙5000語~10000語)
④マネジメント英語-人々の心を動かす(語彙10000語以上)


著者の古森さんですら、この④のレベルは難しいと仰っていました。

さしずめ、ビジネスマンの私が目指すのは③で、この本のゴールも③にあります。

古森さんは、語彙力は重要であると強調されています。

最近はグロービッシュなどという、語彙1500語で、通じればいいという、また違った英語を習得しようという動きもあります。怠け者の私などは、ついつちそっちに流れそうなのですが・・・

英文記事を一つ取り出し、音読して、分からない単語を調べて、また音読。完全に分かるようになるまで、ひたすら音読。翌日、前日の記事を音読。そして、また新しい記事を一つ取り出して、、、、、。翌々日、前々日および前日の記事を音読。そして、、、、、、、

ということを繰り返すのだと。
ひぇーーーーーーーーーーー。
徹底的な反復練習。

既に、この作業をやれること自体で、天才です。
古森さんは、これを「忍者の草とび」に例えています。

忍者の草とびとは・・・

成長の早い草の種をまきます。芽が出て伸びてきたら、その上をジャンプして越えます。草は毎日伸びていきますから、毎日飛ぶハードルが徐々に上がっていきます。これを真剣に続けていれば、草が伸び切るころには、かなり高いところをジャンプできるようになっている・・・という話。



さあ、やってみるか?!
やれるのか?!
むりか?!(笑)
そうか。。。。。

ま、ちょっとだけね。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: ビジネス・起業・経営に役立つ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 08/22のツイートまとめ  |  本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること【矢部宏治(著)】 »

この記事に対するコメント

英語の素地はみんなちゃんとあるんだと思います。
(あれだけ長い期間学習してるんですから)
ただ、必要に迫られることが大事なのかも?

私がそう思ったごく最近の一例を。

幼稚園以来べったり日本語脳になってしまった息子。
そして英語教室から離れて5か月。まったく話さなくなってしまいました。
あの時間と投資は無駄だったかもv-12と思ってました。

しかし先日数日間、息子を英語環境に置く機会がありました。
(周りのお友達がみんな英語)

お友達の話してる内容を半分も理解できないだろうに、一緒に遊びたい、話さないと仲間外れにされてしまうという一心で英語スイッチが入って、カタコトの英語でコミュニケーションを取り、私にまで英語交じりで受け答えしてました。
これには私も正直びっくり。

やっぱり使わざるを得ない状況に追い込むのが一番早く上達する方法なのかも。
いっそのこと移住か?!(笑)

Yumi #- | URL | 2011/08/22 09:29 * edit *

こんにちは♪

英語…私も学生時代に5ヶ月ほど英語圏にいたのですが…まったく身に付いておりません。
友人が今度オーストラリアの方と結婚するので、せめて「お友達英語」は身につけたい!
(彼は日本語を話せるそうなので、結局それに甘えてしまいそうですが)
しかし、この勉強法は…速読おやじさんのレビューを読んだだけで挫折ですv-40

本読み人M #- | URL | 2011/08/22 15:01 * edit *

Yumiさんへ

必要に迫られることは確かに大事かも。
私の英語力が一番伸びたなと感じたのは、シカゴに滞在した半年間。
アメリカの小さな投資運用会社に日本人がぽつんと一人きり・・・・

とにかく、挨拶から、無駄話から、買い物、食事、娯楽、すべてが英語でした。
ニューヨークと違って、日本人が集うあやしい店(笑)も殆どなく、
当時はブロードバンドもさほど普及していなかったので、インターネットもあまり見れず。

そりゃあ、確かに英語できるようになりますね。
ウソだと思った、「英語で夢を見る」も体験したし、
ある種、”フロー”の状態に入っていたんでしょうね。

Yumiさんの解釈によれば、私も能力を眠らせてるだけ?
ということは、できるのかも。

お子さん、凄いですね。
やはり子供は吸収力が半端ないのかな。

なんとか使わざるを得ない環境を、この日本で無理矢理作ってみるしかないかな。
例えば、このブログを全部英語で書いてみるとか?!

速読おやじ #- | URL | 2011/08/27 14:38 * edit *

本読み人Mさんへ

たぶん、Mさんもそこそこできるんだと思いますよ。
ところが、使ってないと、脳がサボってしまうのだ!(笑)

おっしゃるとおり、この勉強法は、イチローのような天才でないとできません。
この勉強法ができる人は英語だろうが何だろうが、高いレベルに達しますよね。

怠け者の私は、「寝ているだけで英語が聴き取れる!」とかいうキャッチコピーに弱いです(笑)

いつかは英語でブログを書くことにも挑戦したいです。
ウソです。

速読おやじ #- | URL | 2011/08/27 14:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/417-270f00d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。