06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

記事にしていない本リスト、一挙公開 (1) 

仕事に、テニスに、飲みに(笑)、家庭に(これはあんまりやっとらんなあ、すんません→妻へ)忙しい速読おやじは最近たまに呟くばかりで、一向に記事を更新しておらず、そろそろブログのタイトルを変えなあかんなあと思っているところです(汗)。

で、今日は、在庫一掃セール!ではないですが、まだ記事にしていない本を一挙公開し、私のモヤモヤを一掃したいという、私の、私による、私のための一方的な企画です。みなさま、すいません。こんな酔狂を面白がってくださる皆様がいらしたら、眺めてくださいな。

しかし、余りにも長いので、いったん切っておきます。次週に続きまーーーーーす。

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
(2006/07/14)
原尻 淳一、小山 龍介 他

商品詳細を見る

いわゆるハックス本。読んだ直後は試すものの、飽きっぽい私は続かず・・・

神様のカルテ (小学館文庫)神様のカルテ (小学館文庫)
(2011/06/07)
夏川 草介

商品詳細を見る

娘に読ませようとせっかく買ってあげたのに、「なんか文章が読みにくーい」と言われ、仕方なく(でもないけど)私が読みました。これは映画の方がいいかも。ちょっと文章に癖というか、意図が見え過ぎていて、うーむという感じ。でもいいお話ですよ。

カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る

これも娘に買ってあげた本で、娘にも好評。で、私も読んでみると面白い!森さんの本は中学受験でも定番なので、何冊か読んだような。

ねむりねむり
(2010/11/30)
村上 春樹

商品詳細を見る

昔短編集に掲載されていた「眠り」をリライトして単行本化したもの。寝ているときに何ものかに柄杓で、足に水をかけられるシーン、最後に車を揺らされるシーンが印象的。主人公が読んでいた本って、アンナ・カレーニナだっけ?忘れた。。

自分を磨く方法自分を磨く方法
(2005/08/18)
アレクサンダー・ロックハート

商品詳細を見る

ブックオフの100円コーナーで、すぐ読める自己啓発系の本の一冊ということで購入。ホントにすぐ読めたけど、内容忘れた(爆)たぶん、私の血となり肉となり・・・

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
(2007/06/21)
古市幸雄

商品詳細を見る

そらね、一日30分何かを続けると、成果出ますよねえ。これはたまにタイトルを見て、よしっ!と思わせる本かな。

チェンジ・ザ・ルール!チェンジ・ザ・ルール!
(2002/10/11)
エリヤフ・ゴールドラット

商品詳細を見る

「ザ・ゴール」シリーズもの。このシリーズ、なかなか良くできたビジネス小説で、ふと応用してみようかなって思わせるストーリーです。ま、事実は小説より奇なり

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る

無料で使えるのに、なんで儲かるの?っていうビジネスが最近流行っていますが、その解説本。ちまたではSNS、カイプ、そして忘れてはならないGoogle。日本だとR25とか?

超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)
(2010/11/17)
水野 和夫、萱野 稔人 他

商品詳細を見る

哲学者とエコノミストが対談方式で世界経済を語るというもの。普通の経済本とは違った視点での議論が興味深かったです。

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)
(2009/10/22)
小飼 弾

商品詳細を見る

超アルファブロガー小飼氏の著作。個人的には苦手なタイプの人ですが、この人の読書量・質には驚愕。まあ、本のタイトルはどうかと思いますが(笑)。

父と子の約束 (日経ビジネス人文庫)父と子の約束 (日経ビジネス人文庫)
(2007/12/03)
渡邉 美樹

商品詳細を見る

ワタミ社長のビジネス本ではなくて、教育本。渡邉さんは学校(郁文館)まで買収しましたからねえ。教育にかける意気込みは半端ないです。こんな風に教育できたらなあ。感服。

日本辺境論 (新潮新書)日本辺境論 (新潮新書)
(2009/11)
内田 樹

商品詳細を見る

この手の日本人論、好きなんですよねえ、ニッポンジンって。私も。なるほど、なるほどって感じで読み進めたつもりなのに、内容は忘れた(爆)。でも血となり肉となり(って、さっきも書いたような。たぶん、もう何回か書くと思いますが(笑))

今日から「イライラ」がなくなる本 (知的生きかた文庫)今日から「イライラ」がなくなる本 (知的生きかた文庫)
(2011/02/22)
和田 秀樹

商品詳細を見る

これはイライラしてたときに読んだのかな(汗)。ふだん、そんなにイライラはしませんが、ときどきしちゃうんですよねえ。そんな反省も込めて買ったと思います。もちろん読んでしばらくはイライラしませんが、すぐ忘れる(笑)

ふしぎとうまくいく交渉力のヒントふしぎとうまくいく交渉力のヒント
(2009/12/11)
齋藤 孝、射手矢 好雄 他

商品詳細を見る

ビジネスに交渉はつきもの。色々と交渉力の本は読みましたが、これはとても読みやすかった。斎藤孝さんがうまい具合に絡んでくれて、ハーバード流なんとか的な本より、ずっと実践的でビジネス以外の通常のコミュニケーションの場でも使えそうです。

挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)挫折力―一流になれる50の思考・行動術 (PHPビジネス新書)
(2011/01/19)
冨山 和彦

商品詳細を見る

これはたぶん、挫折しそうになった時に読んだんだろうな(と単純な私)。少し、元気になりましたよ。挫折してもいいんだ、むしろ挫折した方が力になるみたいなことが書いてありましたんで。エネルギーの絶対値は変わらないので、マイナスを絶対値で囲えば、ほら!みたいな(そんな単純ではないか・・・)

決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術 (知的生きかた文庫)決定版 ハーバード流“NO”と言わせない交渉術 (知的生きかた文庫)
(1995/05)
ウィリアム ユーリー

商品詳細を見る

むむむ、交渉術の本が続いているということは、この頃、難しい交渉やってたのかな・・・こちらの本は、もっとアグレッシブな交渉術の本です。ビジネスの醍醐味って、交渉だったりするんですよ、これが。ふだんは優しい私が「おらー、どやー」・・・みたいにはなりませんし、それは交渉ではなく恫喝です(笑)。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

ジョブズさん、ついに引退されるんですねえ。一度でいいから生でプレゼン聴きたかった(あっ、その前に英語の勉強だ)。プレゼンの極意がこの本に凝縮されていますが、これはジョブスさんだからできること。プレゼンの極意というよりは、ジョブズの極意ですわ、これは。

ラクをしないと成果は出ないラクをしないと成果は出ない
(2008/05/23)
日垣 隆

商品詳細を見る

たぶん、ラクして成果出したかったんでしょうねえ。ホント、単純な私。本のタイトル読むと、そのときの精神状態が分かります(笑)。結論は本当にラクし過ぎると成果出ません!(爆)そういう意味じゃなかったみたい。

思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る

外山先生の文章は、はるか昔大学受験の頃によく現代国語で読まされたような記憶が。東大生、京大生にいまでも読まれている超ロングセラー。かなり前の作品ですが、いまでもハッとしますよ。悲しいことに当時読んだという記憶は全くございません(泣)

親は子に何を教えるべきか (PHP文庫)親は子に何を教えるべきか (PHP文庫)
(1991/09)
外山 滋比古

商品詳細を見る

外山先生の本を続けて読んでみたかったのと、おそらく子育てに悩んでいたかと(笑)。そもそも自分がさほど立派な人間じゃないから、子供に説教みたいなことってできないんですよねえ。「お前はできてんのか?」と問われると、一気に説得力のメーターがゼロになってしまう。。。。

数学入門〈上〉 (岩波新書)数学入門〈上〉 (岩波新書)
(1959/11/17)
遠山 啓

商品詳細を見る

娘に無理数って?有限小数って?無限循環小数って?とか、色々問われ、パニクっていたとき、「そうだ!数学を簡単に説明できる本を読もう!」と思って、買った本です。世の中の多くの○○入門は、とてつもなく簡単すぎるか、素人にはとてつもなく難しいかどちらか。本書は後者。最初の頃は簡単でしたが、どんどんどんどん難しくなり、下巻はギブアップ。でも頭の体操になりました。かなりのロングセラーのようです。

十二番目の天使十二番目の天使
(2001/04)
オグ マンディーノ

商品詳細を見る

涙が出るような本で、手軽に読めるものというチョイスだったと思う。ブックオフで何気なく探していて、何となく手にとったものでした。お約束だけど、泣き虫の私の目頭を熱くするのは簡単(笑)

人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」
(2005/07/23)
舛田 光洋

商品詳細を見る

そうじはとっても苦手です。っていうか、「ここは、そうじするポイントだ!」といったスイッチが私には無いようで、「なんで気にならないんやー」と妻にいつもお小言をもらいます。そんなこんなで、そうじがいかに素晴らしいことなのかを頭に植えつけるために読みました。しかし、洗脳に失敗、、現在に至る。その中で、ひとつだけ覚えていることが!テーブルをふくとくに、「ありがとう」といいながらそうじするといいんだって!だから、たまにやりますよ。たまーーーーにね(笑)

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)
(2010/04/23)
楠木 建

商品詳細を見る

読み応え十分の競争戦略本。ワクワクするようなストーリーじゃないと、競争戦略じゃない!ってな感じです。この本は結構ボリュームがあるのですが、それでも割と売れたようですね。私も自分のチームでワクワクするような競争戦略をみんなで構築できたら楽しいだろうな。

もっと「強気」で生きたほうがうまくいくもっと「強気」で生きたほうがうまくいく
(2007/12/15)
デヴィッド・シーベリー

商品詳細を見る

もう、これみよがしのタイトルじゃないですか。。さて、皆さんご存じのとおり(ホンマか?)、私は温厚で控えめで、ちょっぴり弱気で、いついかなるときも攻撃を自分からはしかけない、憲法第9条的な優しい男(ながいっ!)なのですが、それでもたまには強くならなきゃって思うんです。そう思ったときに買いました。やっぱり読んでも強気になれません。。。。だれか、教えてーーーー、どうやったら強気になれるか。いや、たぶん、なんだかんだいって、私は強気になりたくないんだろうな。。。

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
(2006/05/18)
デビッド アレン

商品詳細を見る

これもハックス本の一種かな。GTD(Get things done)を使った仕事術の本ですね。ところどころ使えるモノはありましたね。でも、長続きせんのよねーーーー。自分にあった方法を探すために、たぶんこれからもこの手の本は読み続けるんだろうなあ。。。

ザ・キャッシュマシーンザ・キャッシュマシーン
(2005/12/02)
リチャード・クラフォルツ、アレックス・クラークマン 他

商品詳細を見る

これも、ザ・ゴールシリーズの作品。とっても分かりやすいです。あっ、感想が簡単すぎる。。。。ということは内容は覚えてないってことだ。しかし、それでも血となり肉となり(あれ、このコメントもう何回目か?(笑))






スポンサーサイト

[edit]

« 09/10のツイートまとめ  |  09/08のツイートまとめ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/427-6597f2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。