06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

祖母の13回忌 

昨日は祖母の13回忌で、故郷の唐津に帰省していました。
父方のおじさん、おばさん、いとこが久々に勢ぞろいでした。

お寺の住職は代替わりで、私より一回り下。
最初は大丈夫かな、と思っていたのですが、やはりそこはプロフェッショナル。立派に法要のお勤めをいただき、その後の講和も立派なもので、とても分かりやすく、心に残るものでした。

仏様を拝むということは、仏様を通じて自分を照らしてもらうこと。
それは自分の良い部分だけでなく、悪い部分も決して排除することなく見つめなおすということ。
拝む行為は右手(浄)と左手(不浄)を合わせるということからも、良い部分も悪い部分もどちらも自分だということです。

確か、こんなイメージのようなことだったと思います。

「仏様を拝んでん、願いことはかなわんですよー。なんもならんけんですね。なんもならんけん、拝むとですよ」と。確かに私、拝みながら願いことしてましたね。。。拝みながら自分を照らしてもらってるんですなあ。なるほど!

法要後は、住職も交えての食事会。
おじさんたちは酒豪で、いとこも酒豪、なぜか私も酒が飲めるということになっている(最近、弱いことをようやく自覚したが)ので、飲みました!九州ではビールのあとは、やっぱり焼酎!白波の37度の限定原酒を頂きました。盛り上がったところで、「二次会に行くばい!」と父親。結局、おじさん達と私と妹の旦那と住職で行くことに!

日曜日の夜に飲み屋が空いているのかなあと不安でしたが、そこは常連の父親。既に入っていたお客さんに無理をいって、撤退してもらい(えーーーーっ!)、店をジャック(笑)

そこで、住職が私の在籍していた中学校軟式テニス部の後輩だということが発覚。しかも同じキャプテン!
何かの縁を感じました。住職はずっとテニスをやっているらしく、じゃあ今度帰省したときにはぜひやりましょう!ということになりました。唐津はテニスコートががらがらで楽勝で取れるらしいです。やったー!

住職とは仏教の話やテニスの話で大盛り上がり。おじさんたちともカラオケ合戦で大盛り上がり。
とても楽しい夜になりました。

一泊二日の弾丸帰省で、月曜日は朝から仕事だったので、ちょっときつかったですが、本当に帰ってよかった。
祖母が喜んでくれているような気がしました。
食事しながら、父親とおじさん達が話してくれる、必死に生きていた戦前戦後の祖母をイメージしつつも、やはり思い出すのは孫の私にはとても甘くて、いつもチョコレートを買ってくれた祖母でした。
乳母車に乗って一緒に買い物に出かけていたこともなぜか覚えていますし、まだ幼稚園に行ってたころに祖母の布団で一緒に寝ていたことも思い出します。「あんたと寝たら、あったかかけん、気持ちよかー」というセリフも。

祖母が亡くなってから、もう12年がたちました。
昨日は久しぶりに近くに感じたような気がします。

こうやって集まって法要を盛大にするのは、今回が最後かもしれない。
父親がそう言ってたけど、確かにそうかも。
それでも、またこんな風に集まれたら、祖母も喜ぶだろうな。

まとまりのない文章で恐縮ですが、今回の帰省は色々と感じることがありまして。。

では、また!
スポンサーサイト

[edit]

« 20代で身につけたい質問力 【清宮普美代(著)】  |  私のテニスラケット »

この記事に対するコメント

考えさせられる言葉ですね・・・でも 不思議と救われる言葉ですね


「自分の良い部分だけでなく、悪い部分も決して排除することなく見つめなおすということ。
拝む行為は右手(浄)と左手(不浄)を合わせるということからも、良い部分も悪い部分もどちらも自分だということです」

ありがとうございます

人を好きなのに 人には好きになってもらえない・・・とか・・ 
自分を否定したくなるときには この言葉をおもいだしてみます

ありがとうございました

kara #- | URL | 2011/10/18 20:54 * edit *

さすが!

帰省おつかれさまでした。

ヤッパリ、拝んでも願い事はかなわないんですよね~(^人^)
テニスの神様には、相当お願いしてますが…

仏の道は奥が深いですね。

ときちゃん #- | URL | 2011/10/19 00:04 * edit *

Karaさんへ

どうしても自分のイヤな部分は否定したくなりますよね。
例えば外見、例えば病気、生い立ち、苦手なものなどなど、書き出すとキリがありません。

でも、それも含めて、全てが自分であると包みこんでしまう。

そういう考えに導いてくれるのが仏の教えなんでしょうかね。

宗教というと、胡散臭く感じられるのですが、住職自身も「仏教って何か胡散臭かーと思うでしょ。僕もそう思いよったですよ。でもね、勉強したら奥が深かとです。」と素直に答えてくれました。

心が落ち着くような言葉でした。
感じていただき、ありがとうございます。

速読おやじ #- | URL | 2011/10/19 16:17 * edit *

ときちゃんへ


> ヤッパリ、拝んでも願い事はかなわないんですよね~(^人^)

そう、この年になって初めて知りました(笑)
でも、そう言われるとすっとしましたね。
邪念はやっぱ捨てねば!

まあテニスの神様にはめちゃめちゃお願いしとりますが
「ここでフォルトしたくないんで、頼みますよ」とか
「ああ、サーブ、バックサイドにこないでー」とか
「ロブギリギリに入ってー」とか

ぜんぜーーーーーん、叶えてくれません。
やはり、自分を照らすと、「ソレハアナタノレンシュウブソクデス」と言われているのか。。。。

せっかく住職と仲良くなったので、仏教、もう少し勉強して
またここで自分なりに噛み砕いて記事にしようと思いますんで。

では!

速読おやじ #- | URL | 2011/10/19 16:22 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/446-f23553f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。