FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

金融が乗っ取る世界経済 ロナルド・ドーア(著) 


金融が乗っ取る世界経済 - 21世紀の憂鬱 (中公新書)金融が乗っ取る世界経済 - 21世紀の憂鬱 (中公新書)
(2011/10/22)
ロナルド・ドーア

商品詳細を見る



金融の世界にどっぷりと浸かっている私。でも、それでいいのか?金融というビジネスは何かを生み出しているのか?リーマン・ショックはサブプライムローンという屑のような商品を証券化という手段で見た目だけはキレイにして、売りまくったら気づいたら中味は腐っていた・・・そして崩壊。私が身を置いている金融の世界は何かが間違っているのではないか?ずっと、そう思い続けていた。

この本を読んで、太い棒で頭を殴られたような気分になった。
そして、その通りかもしれないと思った。
私の中で、正義とか道徳とか、そんな言葉がぐるぐると巡る。

といった感じで、ちょっとハードな文体で書こうかなあと思ったのですが、やっぱ疲れるので、いつものように何ちゃってエコノミスト風読書感想文(?)みたいな雰囲気でいきますね(笑)それでも、今回はちょっとハードボイルドで行くぜい!

金融化というのは、要するに、「融業に関わる人が増え、金融業に世の中の利益が集中し、膨張してゆく」というもの。確かにそうかも。金融機関の数は相変わらず多いし、そこで働く人の数も多い。昔の日本には無かった投資銀行、投資顧問、ファンド、ネット証券・銀行、色々なジャンルの金融機関が増えている。金融機関に勤める人の給料が相対的に高いのも周知の事実。

にもかかわらず、金融機関は不良債権を作って経営が厳しくなりながらも、“大きすぎて潰せない=too big to fail”ことから、公的資金(国民の税金)のお陰で生き延びている。アメリカなんかひどい話で、こないだ公的資金が入ったかと思ったら、ちょっと業績がよくなったからといって、凄い金額のボーナスが出てたりする。このモラルの無さにはちょっと・・・・

報酬の仕組み自体が短期的な業績に連動していることもあるし、最近では株主が「配当出せー、儲かっていない部門はやめろー」と声が大きいこともあり、とにかく短期で儲けなくてはというインセンティブがすごく働いているんでしょうけどね。

じゃあ、そういうインセンティブが働かないような仕組みを作ればいいじゃん、という議論もあるけど、著者は「道徳的な心はどこに行ったのか?」と嘆いてもいる。私も嘆きたい。。。でも、嘆くのと同時に、やはり色々な仕組み(金融機関に対する規制等)を変えてゆく必要もあると思う。

最近の経済界を跋扈している株主資本主義=株主至上主義に対しても著者は警鐘を鳴らしている。株主だけではなくステークホルダー(取引先や従業員、地域)も重視しなくちゃいかんですよ、という話。これについては日本はまだまだ可能性を秘めていると思う。以前に読んだ「日本でいちばん大切な会社」にも通ずる発想だし、私自身の考えにも近いかも。

さて、金融業界しかも投資業界にドーンと居座っている私がこんなことを言っていいのか?!しかし、やはりこんな儲けはおかしい!と思うことが多い。会社は誰のものなのか?世界は誰のものなのか?世界の富が金融に集中しているこの現状、何かおかしいと思うのが普通なんじゃないかなあと。

青臭い正義感を振るうつもりは毛頭ないけど、金融化によって世界が歪められてしまわないかと心配になりました。そして、私の脳みそも金融化によっておかしくならないかと・・・・


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: ビジネス・起業・経営に役立つ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 風の歌を聴け 村上春樹(著)  |  2月1日といえば・・・ »

この記事に対するコメント

うん!!やっぱ速読おやじさんが書くと説得力がありますね!!

そこら辺のエコノミストより分かり易くて好きですよ!

感想を書きだすと長くなりそうなので控えますが、この本是非とも手にしてみますね!!

銀蔵 #- | URL | 2012/02/06 21:17 * edit *

Re: タイトルなし

銀蔵さん、

コメントありがとうございます。
いえいえ、私なんか何かに裏付けられた意見を言ってるのではなく、何となく情緒的になってしまう傾向にありまして。これなんかも、何か間違った正義感を振りかざしてはいないかと心配になっております。。

これからも、ちょっと小難しい本を、ちょっとお気楽に、でも真摯に、感想や意見を書けるようなブログ更新をしてゆきたいと思っておりますので、引き続き宜しくお願いします!

速読おやじ #- | URL | 2012/02/07 09:33 * edit *

最近何事においても、すぐに成果を出すことを求められますね~!(◎_◎;)

いろいろなツールで時間が短縮されて距離感も短くなって、便利になったことが一因なんでしょうか?

なぜか金融については知ってる人だけが得をする…
なんてイメージが一般人である私の中にはありまして、
もっとわかり易くならんかなぁ~!?(・_・;?
なんて思ったりする、今日この頃でございます。

ときちゃん #- | URL | 2012/02/12 20:58 * edit *

ときちゃんへ


> なぜか金融については知ってる人だけが得をする…
> なんてイメージが一般人である私の中にはありまして、

ときちゃんも、かつてそちらの世界にいらしたではございませんか(笑)

金融リテラシーなんて言葉もありますし、中高生あたりから教育プログラムに取り入れてもいいのではないかと思ったりします。大学でも金融論はあっても、実務的な話は少ないですしねえ。
というわけで、私の夢は、大学教授になって、このあたりを講義することです。
そして著書の印税でがっぽがっぽですわ(冗談)

速読おやじ #- | URL | 2012/02/13 17:47 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/467-45a48380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。