03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

風の歌を聴け 村上春樹(著) 


風の歌を聴け (講談社文庫)風の歌を聴け (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る



村上春樹のデビュー作。何だか分からないけれど、無性に読みたい気分に。。。
私の読書人生(って大袈裟な)に多大な影響を与えた一冊です。大学生だった頃に、ノルウェイの森がベストセラーになって、当然にそこから遡ってデビュー作にたどり着き、とてつもなく影響を受けた本です。特に、あの独特の文体に感銘を受けました。後で、それはボネガットやブローティガンの影響を受けているということを知りましたが、そんなことはどうでもよく、あの文体に惹かれてしまいました。

特に冒頭は珠玉です!
完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。
小説の冒頭といえば、私が一番好きなものに夏目漱石の草枕の「智に働けば角が立つ・・・・」というものがありますが、個人的にはその次に好きな冒頭です。

今でも好きな表現に次のようなものもあります。
文章をかくという作業は、とりもなおさず自分と自分をとりまく事物との距離を確認することである。必要なものは感性ではなく、ものさしだ。
文章を書くときに、いつもこの表現を思い出します。

それから細かくは覚えていないけれど、独特な比喩表現も凄くイイ!
また、とにかくこの小説では主人公の僕と鼠がビールを飲みまくるんだよねえ。しかも飲酒運転めっちゃしてる(笑)。これを読むとビール飲みたくなるんですよねえ。

しかし、今や私はこの主人公たちよりずっと年をとってしまった。。。。
その事実に今更ながらに気付いて、吃驚。

僕は・君たちが・好きだ

この単純なフレーズも好きだったりする♪


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« ブラックストーン(BLACKSTONE) デビッド・キャリー&ジョン・E・モリス(著)  |  金融が乗っ取る世界経済 ロナルド・ドーア(著) »

この記事に対するコメント

いいですねぇ。

懐かしい! 村上春樹の中で一番好き、というわけではありませんが。
速読おやじさまが引用された文章に、うんうん、とうなづくくらい、記憶に残ってます。 
初期~中期の村上春樹、良かったなぁと今更のように思います。
彼の進化を応援はしていますが、共感はできないのですよねぇ。

この文体は、何といっても麻薬的な魅力があります。
あと・・・主人公の世界との関わり方。微妙な距離感が。

私も読み返したいなぁ・・・でも私は「羊たちの冒険」かな(笑)

彩月氷香 #b98C2Btc | URL | 2012/02/12 19:39 * edit *

彩月さんへ

懐かしいですよね。
あの文章は当時の日記に書き写した記憶があります。もうそのノート、残ってないよなあ。。。

> 初期~中期の村上春樹、良かったなぁと今更のように思います。
> 彼の進化を応援はしていますが、共感はできないのですよねぇ。

それは分かります。カフカあたりから、彩月さんは共感しなくなったのかな・・・

> この文体は、何といっても麻薬的な魅力があります。
> あと・・・主人公の世界との関わり方。微妙な距離感が。

この文体、当時の日記で真似しまくりでした。
主人公の世界との関わり方、その距離感をまた真似てみたりと、、

> 私も読み返したいなぁ・・・でも私は「羊たちの冒険」かな(笑)

今ピンボール読んでまーす。そして次は羊です。ダンス・ダンス・ダンスくらいでやめとくかな。
あっ、一応ノルウェイも読んどこう。楽しくなってきた!!

速読おやじ #- | URL | 2012/02/13 11:18 * edit *

懐かしいですねー。
私もノルウェイ読んでから、遡りました。

順番がややこしいので、私は全集ですべてを読んだんですよ。
いやぁ、全集を読むのは体力が要ります。
あれは若くないとできないわ。
私は「カフカ」も「アフターダーク」も好きです。

最近また最初から読もうと思って表紙を眺めていたので、タイミングが同じで嬉しいです。
こういうのこそ読書だなと思います。

ネズミとビール。
それだけであの空気がふっと頭によみがえりました。

ごろちゃん #- | URL | 2012/02/14 14:48 * edit *

ごろちゃんへ


> 最近また最初から読もうと思って表紙を眺めていたので、タイミングが同じで嬉しいです。
> こういうのこそ読書だなと思います。

何となくそんな気分になったんですよねえ。
あの頃は、主人公の僕も鼠も、年上の大人の世界と思っていたのに、
今、読むと、なんだこいつらいい年して、ビールばっか飲んで、飲酒運転なんかしやがって(笑)
みたいな、「ほんとに今の若いもんは・・・・」と説教したくなる自分がいました。

> ネズミとビール。
> それだけであの空気がふっと頭によみがえりました。

そう、あの空気は、懐かしいです。
あの本の世界に飛び込んでみたかった、学生時代の自分が蘇ってきます!

速読おやじ #- | URL | 2012/02/15 12:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/468-42c238f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。