06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ブラックストーン(BLACKSTONE) デビッド・キャリー&ジョン・E・モリス(著) 


ブラックストーンブラックストーン
(2011/12/09)
デビッド・キャリー ジョン・E・モリス

商品詳細を見る


ブラックストーン。
一般の方にとっては、黒い石?何じゃ、そりゃ?
という印象ですよね。

しかし、私が身を置く投資業界では泣く子も黙る、世界のプライベートエクイティ業界トップ企業と言ってもいいでしょう。とにかく、巨大な資産を保有し、またその産み出すリターンも桁違い。
日本にもブラックストーンのオフィスはあるのだが、怖くて(笑)行ったことはない。

そんなブラックストーンが如何にして巨大になったか、またその創設者であるシュワルツマンという人間はどんな奴なのか、そしてこのプライベートエクイティという仕事は一体世の中の役に立っているのか?について詳細に語られた書といえる。私の中で最も重要な問いは、プライベートエクイティは世の中に役に立っているのか、立っていないのかという問い。

創設者のシュワルツマン、すごい迫力の人らしく、日常的にパワハラを行っているようだ。
部下へのプレッシャーの掛け方もハンパなく、私が彼の部下だったら一日ももたないっす(泣)
しかし、そんな収益への厳しい姿勢が、ブラックストーン帝国を築く要因の一つなんだよなあ。
とにかくお金への執着がすごく、損をすることはこの世の終わりと思っているほど、偏執狂(失礼・・・)に思える。

現代拝金主義の権化と言っても差し支えないのでは

さて、そんなブラックストーンですが、人様からお金をふんだくって、誰かに損をさせてのうのうと儲かっているわけではありません。こういう投資会社ってハゲタカみたいに、投資先企業をリストラの嵐でボロボロにして、最後優良な資産だけを売っぱらって、ぼろ儲け・・・・と思われているかもしれませんが、実はそうでもありません。

プライベートエクイティ投資会社が投資をすることによって当該企業は、内部からではなかなか実行できなかった無駄の削減、合理化を行うことができます。その過程でリストラを行うことによって雇用が失われたり、取引先や金融機関に迷惑をかけることもあるでしょう。それでもその後、プライベートエクイティ投資会社の支援によって当該企業が成長し、雇用も回復し、利益も上げれば、めでたしめでたしとなるストーリーです。

実際に統計的にもプライベートエクイティ投資会社が投資をした企業の雇用は結果的に増えているとのデータもあります。

投資会社が世の中の役に立っているかどうかの、一つの大きな指標は、私にとっては雇用は増えたのか?ということ。金儲けをするのはいいとしても、周囲にも富が行き渡るような結果を出すことが、投資会社の宿命だと私は思っています。

さて、そこでまた私は悩むわけです。
私が手がけている投資で、雇用は増えているのかと。。。。。。。。

世の中をハッピーにする投資が出来るといいなあと自信なさげに呟く速読おやじでした。。。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: ビジネス・起業・経営に役立つ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 切れた鎖 田中慎弥(著)  |  風の歌を聴け 村上春樹(著) »

この記事に対するコメント

どうなんでしょうか・・・
投資によって直接役に立てるのは、資金を預けてくれた投資家になると思いますが、例えば、速読おやじさんが挙げた利益を投資家に還元すると、その投資家は消費に遣い、そこで働く誰かの利益に繋がる仕事と考えてもええのではないでしょうか。

銀蔵 #- | URL | 2012/02/12 20:38 * edit *

金融の世界ってドンドン高度化されて行きますね…(どこの業界もそうか?)

いい物であっても、理解が出来ない物はダメダメで受け付けないですね~。。。

ブラックストーン…名前聞いただけでは、
恐ろしくて胡散臭い感じなんですが、
業界トップってヤッパリこれくらいの迫力ある名前何ですかね?

投資で雇用を増やす!

素晴らしい、『ミッションステートメント』 だと思います_φ(・_・

ときちゃん #- | URL | 2012/02/12 20:43 * edit *

銀蔵さんへ

銀蔵さん、その通り。

私も、「リスクマネーの還流」を通じて、最終的に皆がハッピーになるストーリーを描いています。
しかしながら、その行為は時間がかかり、また間接的なので目に見えない、実感が湧かないんですよねえ。
なので、ついついミクロ的に、個別個別の投資案件で、私の行為は直接何のメリットを与えているのだろうと悩んでしまいます。

でも、やはり投資の原点で、銀蔵さんのおっしゃるとおりですね。
そうでないと、この仕事なかなか前に進みません。
コメントありがとうございました!!

速読おやじ #- | URL | 2012/02/13 11:12 * edit *

ときちゃんへ

> 金融の世界ってドンドン高度化されて行きますね…(どこの業界もそうか?)
ヘッジファンドの世界になると現実離れした、数字の世界になってしまい、何か???です。
ノーベル賞を取った学者が始めたファンドが1998年に世界をおお騒がせして破綻したりと。。
サブプライムの証券化もそうですが、高度化してブラックボックス化してしまうと、本当に怖いです。

> ブラックストーン…名前聞いただけでは、
> 恐ろしくて胡散臭い感じなんですが、
> 業界トップってヤッパリこれくらいの迫力ある名前何ですかね?

なんか、どっかの秘密結社(笑)みたいな名前ですよね。
アメリカのプライベートエクイティの会社は、大概、人の名前や地名が多いんですけどね。

> 投資で雇用を増やす!
>
> 素晴らしい、『ミッションステートメント』 だと思います_φ(・_・

そうありたいです。
ゆくゆくは投資の経験を生かしたNPO的な活動も視野に入れてやってゆきたいです!

速読おやじ #- | URL | 2012/02/13 16:09 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/469-810e0c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。