03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

2022 これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典(著) 

2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)
(2012/01/19)
神田 昌典

商品詳細を見る


これは完全な帯買いです。
帯に、”なぜ、神田昌典は、「日本人の未来は明る」と言い切れるのか?”とあります。
巷に悲観論が渦巻いているこの現状、そんなに力強く、「明るい」と言われちゃうと、すがりたくなってしまうものだ、だってにんげんだもの(笑)

本の内容は、帯に書いているほど楽観的ではなかったです、やっぱり。。。

未来予測をする上では、歴史サイクルを考ことが重要だといいます。
神田さんはこのサイクルを70年とおいて、70年前の出来事を振り返った方がいいと。
それが正しいかどうか別として、もしそうだとしたら・・・・

70年前の1941年には太平洋戦争が勃発し、2011年には東日本大震災が起こった。
となると、1942年にミッドウェー海戦に敗れ、1945年に広島・長崎に原子爆弾が落とされ日本が敗戦といったような大きな出来事に匹敵するような事件が起こるのか・・・
それって、たとえば原発に関わること?北朝鮮に関わること?

うーーーー、これは恐ろしい。
もちろん、そんな恐ろしいことが起こるのではなく、今までの価値観をがらりと変えるような何か前向きな出来事が起こるのかもしれません。いずれにしても、大きく時代が変わる転換点のようです。

会社がなくなる!という予想も衝撃的でした。
NPO時代が幕を開けるというのだ。
つまり、これまで当たり前だと思っていた統率の取れた組織が一般的ではなくなる。
NPOのようなゲリラ的な組織でないと、新しい世界では生き残れなくなるということなんでしょうか。
もちろん、これは一気に起こるのではなく、徐々に移行してゆくもの。

効率性ばかりを求めると、創造性や顧客志向が失われる
特に組織が大きくなればなるほど、その傾向が顕著になってきます。

小さな組織、組織であって組織でないもの、チーム、集いのようなものが
これからの時代に必要なのかもしれません。

自分のこれからを考えるヒントになりました。


ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: ビジネス・起業・経営に役立つ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 日常生活におけるアンポンタンなまちがい  |  2011年12月に読んだ本 12冊 »

この記事に対するコメント

70年周期の歴史かぁ~?

自分の人生の中でも周期あるみたいです。。。
その周期って何年?
そういうのはわかりませんが、
あれ?
この状況って前にあった?
そう言えば、こんな絶好調な時期があったなぁ~(^O^☆♪
なんて…

予測って経験に基づくもの?

書いてて段々支離滅裂になってきて、すみませんm(_ _)m

なんやかんやありますが、
変化を受け入れて成長することが大切なような気がします(^人^)

ときちゃん #- | URL | 2012/02/26 23:33 * edit *

ときちゃんへ


> 自分の人生の中でも周期あるみたいです。。。
> その周期って何年?

実は、あるのです。
人間の周期は12年。春夏秋冬の4つのパートに分かれ、それぞれ3年ずつ。
春に種を撒き、夏に活動し、秋に収穫、冬は耐える、そんなイメージのようです。

ぜひ、私が前に書いたこの記事をお読みください!
http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/blog-entry-139.html

生年月日教えてくれたら、ときちゃんが今、どの季節の何年目かで、
いまどんな状態なのか、お知らせしますよーーん。

ちなみに私は今冬3年目・・・

> あれ?
> この状況って前にあった?
> そう言えば、こんな絶好調な時期があったなぁ~(^O^☆♪
> なんて…

私もそういうのってあったので、運の法則みたいなもんがあるのかなあと
上記の本に書いてあることを全て鵜呑みにするわけではないですが、
テニスのゲームにだって流れとかあるし、

その流れを理解するのとしないのとでは大違い。

> 変化を受け入れて成長することが大切なような気がします(^人^)

はい、私もそう思います。
運とか運命とかありますが、最終的にはその人自身が、そういうものに対してどう反応するかですものね。
仮に運命が決まっていたとしても、その反応は自分しか決められない。

私もなんか、支離滅裂で宗教ぢみてきました(笑)ので、ここらで終わりまーす。

速読おやじ #- | URL | 2012/02/27 13:22 * edit *

楽観的な本ですね

先行き不安な日本について明るく書いている本もあるんですか~!

先行き不安な感じで書かれている本で気を引き締めつつ、そいうった楽観的な本でポジティブに生きていくというのはいいかもしれませんね。

その本、読んでみたくなりました!

freedom #- | URL | 2012/03/03 07:24 * edit *

Freedomさま

このまま放っておくと、ヤバイよと煽りつつも、だからこそ「チャンス」
なのかもしれませんね。

私もこのままだと旧世代になってしまいそうなので、自らを変革してゆかないと
いかんなあと。

神田さんの本や翻訳本を何冊か読んだことのある方なら、それほど目新しい事は
書いてないかもしれませんが、時代に合わせて、”読ませる”本だと思います。

速読おやじ #- | URL | 2012/03/06 12:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/472-db28f410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【速読おやじのビジネス書 レバレッジ・リーディング】

2022―これから10年、活躍できる人の条件 (PHPビジネス新書)(2012/01/19)神田 昌典商品詳細を見るこれは完全な帯買いです。帯に、”なぜ、神田昌典は、「日本人の未来は明るい」と言い切れるのか?”とあります。巷に悲観論が渦巻いているこの現状、そんなに力強く?...

まとめwoネタ速suru | 2012/03/20 22:10

-

管理人の承認後に表示されます

 | 2012/04/01 17:26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。