09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

銃・病原菌・鉄 

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
(2012/02/02)
ジャレド・ダイアモンド

商品詳細を見る


久々に超重量級の読み応えのある歴史書に出会った。これぞ知的大興奮!(ちょっと大袈裟ですが)

文明の差はどこから来たのか?
ニューギニア人の一人の男性からの問いかけ:「ヨーロッパのモノはニューギニアにもたらされたが、逆は殆ど無い。それは何故なのか?」
非常にシンプルな問いだが、根本的な問いかけである。

例えば、インカ帝国はなぜわずか100人強のピサロの軍隊に滅ぼされてしまったのか?インカ帝国の人が生まれつき劣っていたからなのか?否。

その謎が上下巻でたっぷりと解き明かされてゆく。もっともその答もまたシンプルなものでしかなく、かいつまんでいうならば、”地理的な環境の差”。これが歴史的にまた自然科学的に分析されてゆく様が、非常に興味深かったです。

たぶん、歴史を逆に辿ってみた方が分かりやすいのかもしれません。

技術が発達したのは、大規模社会が出来たから。
大規模社会が出来るためには、余剰食糧が生産され、食糧貯蔵を行う必要がある。
そのためには多くの栽培植物と家畜が必要で、その種類が多くないといけない。。。などなど

地理的には東西方向に伸びているユーラシア大陸の方が、南北方向に伸びているアメリカ大陸より文明が発達しやすい。その理由は同じ緯度で、気候も環境が似ていることから、植物や動物の分布も似通っており、食糧生産もしやすく、また伝播しやすい。

風が吹けば桶屋が儲かる的な発想かもしれませんが、そうやって歴史の根本をひも解いてゆくと、なるほどなるほどと膝を打つこと数度。

この本の要約を一文ですませると、こういうことのようです:

歴史は、異なる人びとによって異なる経路をたどったが、それは、人びとのおかれた環境の差異によるものであって、人びとの生物学的な差異によるものではない。



ブログランキングに参加しています
人気ブログランキングへ
ポチっとクリックしていただけますと幸いです。皆様の応援、感謝しております。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ: 最近読んだ本

ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。【マイク・マクナマス[著)】  |  2012年2月に読んだ本<13冊> »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sokudokuoyaji.blog130.fc2.com/tb.php/480-ba078793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【銃・病原菌・鉄】

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)(2012/02/02)ジャレド・ダイアモンド商品詳細を見る久々に超重量級の読み応えのある歴史書に出会った。これぞ知的大興奮!(ちょっと大袈裟ですが)文明の差はどこから来たのか?ニューギニア人の...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/10 04:10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。